• トップページ
  • 保湿クリームの上手な使い方
  • おすすめオーガニック保湿クリーム 口コミ・評判
  • 保湿クリームの役割
  • オーガニック保湿クリームの効果

乳液と保湿クリームの違い

一覧ページに戻る

水分と油分

乳液は使うけど保湿クリームは使わない、逆に保湿クリームは使っているけど乳液は使わない、また両方使う、朝と夜で使い分けている、など乳液と保湿クリームの違いがわからないがために使い方を混同している方も多いようです。
乳液と保湿クリームの違いは硬さ、つまり油分を含む量が違います。
硬めのものは油分が多く、柔らかめのものは油分が少ないわけですが、一般的に乳液は油分が2割、水分が8割と言われています。
それが油分が少ないのかどうかは季節や気候、肌質によって変わってくるのです。

真冬は保湿クリームで

油分が2割、水分が8割と言われている乳液では正直、真冬は物足りないかもしれません。
とはいえ、乳液でも比較的クリームに近い硬めのものや保湿クリームでもゆるめのものもあるので自分の肌質にあったものを使ってみるといいでしょう。

パーツで使い分ける

顔の中で目尻が一番乾燥しやすいと言われています。
それは頬に比べて4分の1と言われる皮膚の薄さや皮下脂肪が少なく皮脂腺が少ないと言われるためです。
また1日に2万回ほどのまばたきも筋肉疲労をおこし血流を悪くします。
そういったデリケートな部分には化学合成物質の少ないオーガニック保湿クリームが適しています。皮膚が薄いのでダメージを受けやすく、肌に優しい、浸透力の高いものが適しているからです。
こすらず軽く叩くように浸透させましょう。
軽く叩いてなじませることでマッサージ効果も期待できます。
また乾燥しやすい、シワの寄りやすい口周り、ほうれい線にもオーガニック保湿クリームが適しています。
しわをくぼみを伸ばすように軽く皮膚を持ち上げシワに埋め込むように塗っていきます。
逆に鼻やアゴなどは皮脂腺が多く、脂が出やすいのでテクスチャーのやわらかい保湿クリームか
乳液などでもいいでしょう。
しかし、皮脂が出やすいからといって保湿を怠ると余計に皮脂が分泌するのできちんと保湿は行いましょう。
季節や肌の状態によってお手入れも変化させていくとよいでしょう。

ページトップへ

口コミ・評判ランキング

KOTOSHINA(コトシナ)WEBサイト
9点

ジョンマスターオーガニックは、ニューヨークのサロンから始まったブランドです。 サロンで認められるほどの、実力を持ったオーガニックケアブランド。 今ではアメリカから世界中での愛用者がいるのが特徴です。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> ジョンマスターオーガニックのオーガニック化粧品の詳細を見る

7点
口コミで話題のCCクリームとは??

ベースメイクとして使用されているCCクリームですが、CCクリームは似たような名前のBBクリームと違い、始めからメイクの下地に使うクリームとして開発された物です。様々なメーカーが販売しているCCクリームですが、そんなCCクリームの口コミ評判を掲載しているのがこちらのサイトです。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> 口コミで話題のCCクリームの詳細を見る

6点

炭酸を用いた『炭酸ミスト』化粧水が最近人気が高まっています。炭酸は肌への浸透力が高いため水分補給がスピーディーな他にも血行に働き掛けるので、新陳代謝の活性化にも効果を発揮してくれます。そんな炭酸ミストを口コミ評判を元にランキング化しているのがこちらのサイトです。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> 炭酸ミストの詳細を見る

第一位のオーガニック化粧品

保湿クリームの上手な使い方

保湿クリームの役割

オーガニック保湿クリームの効果

おすすめオーガニック保湿クリーム 口コミ・評判


ページトップへ