• トップページ
  • 保湿クリームの上手な使い方
  • おすすめオーガニック保湿クリーム 口コミ・評判
  • 保湿クリームの役割
  • オーガニック保湿クリームの効果

赤ちゃんの保湿クリームの塗り方

一覧ページに戻る

赤ちゃんの肌荒れは当たり前?

生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚は大人の三分の一の厚さしかないと言われています。
まだ肌を守る、保護するには不十分な厚さなのです。
そのため、ちょっとしたことで肌荒れを起こしてしまいます。
そのピークが生後2~3ヶ月くらいと言われています。
母体から吸収していた皮膚を生成するホルモンが生後2~3ヶ月でなくなってしまうからです。
しかも赤ちゃんの汗腺の数はほぼ大人と一緒。
新陳代謝が活発で汗もかきやすく、その汗が乾くとすぐ乾燥し、肌も薄いとなればカサカサになってしまうのも当然のことでしょう。

保湿クリーム選びは慎重に

カサカサになった赤ちゃんの肌に塗る保湿クリームは慎重に選ばなければなりません。
皮膚が薄く保護機能が低い赤ちゃんにはちょっとした刺激が大きなダメージになりかねないからです。
乾燥していて新陳代謝の激しい赤ちゃんはどんどんクリームを吸い込んでいきます。
吸い込んでいくからこそ質のいい保湿クリームを塗りましょう。
また肌に吸収されないからといって化学合成物のたっぷり入ったクリームを塗ってしまうと大きなダメージを与えかねません。
湿疹やかぶれなどを起こしてしまうのです。
有機肥料で土そのものの特徴を生かして栽培された植物から作られた、オーガニック製品を選ぶといいでしょう。

大切なことはコミュニケーション

当たり前ですが赤ちゃんはまだ話ができません。
親子の会話はスキンシップなのです。
赤ちゃんだからこそできるスキンシップ、それはマッサージではないでしょうか。
カサカサしている赤ちゃんの肌に天然の保湿クリームを塗ってマッサージしてあげるのです。
赤ちゃんの体のチェックをしながら、表情もよく観察しましょう。
どこをマッサージすると気持ちがいいのか、どこが乾燥しやすいのかよく覚えておくといいでしょう。
マッサージは優しく、なでるように、お風呂上がりなど赤ちゃんの機嫌のいいときにすると楽しい時間になります。
赤ちゃんの肌を傷つけないようにお母さんの手もきちんとお手入れして保湿すことを忘れてはいけません。

ページトップへ

口コミ・評判ランキング

KOTOSHINA(コトシナ)WEBサイト
9点

ジョンマスターオーガニックは、ニューヨークのサロンから始まったブランドです。 サロンで認められるほどの、実力を持ったオーガニックケアブランド。 今ではアメリカから世界中での愛用者がいるのが特徴です。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> ジョンマスターオーガニックのオーガニック化粧品の詳細を見る

7点
口コミで話題のCCクリームとは??

ベースメイクとして使用されているCCクリームですが、CCクリームは似たような名前のBBクリームと違い、始めからメイクの下地に使うクリームとして開発された物です。様々なメーカーが販売しているCCクリームですが、そんなCCクリームの口コミ評判を掲載しているのがこちらのサイトです。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> 口コミで話題のCCクリームの詳細を見る

6点

炭酸を用いた『炭酸ミスト』化粧水が最近人気が高まっています。炭酸は肌への浸透力が高いため水分補給がスピーディーな他にも血行に働き掛けるので、新陳代謝の活性化にも効果を発揮してくれます。そんな炭酸ミストを口コミ評判を元にランキング化しているのがこちらのサイトです。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> 炭酸ミストの詳細を見る

第一位のオーガニック化粧品

保湿クリームの上手な使い方

保湿クリームの役割

オーガニック保湿クリームの効果

おすすめオーガニック保湿クリーム 口コミ・評判


ページトップへ